グラウンドには草木が生い茂る

俺は薄毛の家系に生まれました。
父はもちろんのこと、両祖父も含めて親せきみんな全て薄毛…という家系だ。
親せきの集いがあっても、周りの男性は全て「波平様」だらけでした。
父は、そういう家系に生まれた俺について、低いあたりから「お前は行く先ハゲるから作戦をしなさい」ってペチャクチャ言いました。
ただし、可愛い俺は薄毛に関する恐怖感はなく、関心もあまりありませんでした。
始めて具体的な作戦を言われたのは中学の時だ。
父は、おでこ胸の俺に関してスカルプマッサージを勧めてきました。
「スカルプマッサージが薄毛作戦には一際効果的だ。堅いコンクリートには草木は生えない。軟らかいグラウンドには草木が生い茂る。」との台詞をかけてきました。
「はげたら不満ですなぁ」と思い始めていた俺は、父の言うことに素直に伴いました。
湯船ゴールインはもちろん、ちょこっと気になった時折スカルプマッサージを行いました。みっちり行うわけではなく、2,3分け前ふとスカルプを揉むといった感じです。
高校になり、毛髪が加算ヘアースタイルなどに考えを用い始めた頃には、薄毛に関する恐怖も大きくなっていました。どうしても、親せき全員男性はきっと薄毛…という状況です。自分の先々に憂慮をもらい始めていました。足がつる

そのあたりには、父の言うことを忠実に続けるようになりました。
次は育毛剤だ。父は若者向けの育毛剤を買ってくれました。
育毛剤+スカルプマッサージ、私の薄毛対策のクリアだ。
それから十数年、育毛剤の使用度数はそこまで多くはありませんが、スカルプマッサージは続けてある。
そのおかげで、私の毛はまったくフサフサしています。
業者の後輩の髪の毛が寂しくなって行くインナー、俺は生まれ以上の毛髪をキープできてある。
明確な関連は分かりませんが、「スカルプマッサージ」が私の髪の毛を守ってくれたはずでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です